読者リストが管理できるメール配信サービス

読者リストの管理を効率化させる

メール配信サービスには読者リストを管理する機能が備わっており、効率的にメール配信業務を行うための様々なメリットが得られます。読者リストの管理に表計算ソフトなどを用いている場合では、読者を追加を手作業で行うことが必要です。これでは手間がかかりますし、行や列がずれるといったヒューマンエラーも起こりやすくなってしまいます。メール配信サービスでは読者の追加や削除を自動でできるものが存在し、読者リストの管理にかかる手間を削減することが可能です。読者の抽出も表計算ソフトで関数を使って配信リストを用意する手間もなく、性別や年齢などの要素からターゲットを設定してメールを配信させることができます。メール配信サービスを利用することで、作業を簡略化すると共に、読者の属性ごとに適切なメールを送ることで効果的なマーケティングが行えるようになります。

休眠ユーザーを管理する

効率的なメール配信を行うためには、配信の効果を測定して改善するべきポイントを探していくことが求められます。メール配信サービスでは開封率やURLクリック率を調べる機能が付いているものもあり、これらの機能から効果の測定が行えます。しかし、読者として登録されていてもメールに対して長期間反応がない休眠ユーザーが多いと、効果測定の結果が正確性に欠けてしまうかもしれません。メール配信数に応じてコストがかかる配信サービスの場合では、余計にコストがかかってしまうことも問題です。そこで、休眠ユーザーを配信リストから除外するなど定期的に読者リストを管理をすることが重要となります。休眠ユーザーはメール配信の効果が期待できないといっても大切なユーザーなのは代わりなく、別のリストを作成して利用規約に沿って適切に管理しましょう。