開封率などの動向を分析できるメール配信サービス

開封率やクリック率の計測がメール配信には重要

メールマーケティングを実践する際には、配信したメールの開封率やクリック率を計測できる仕組みを組み込むことが必要です。ECシステムを運営している場合には、メール配信したユーザーのコンバージョン率や、購買に至る流れなどを把握しておくことが、売上向上のための重要要素になります。自社が送信した商材やサービスの案内に対して、どの程度の割合で開封やクリックがされたかを理解できなくては、配信内容が適切かの判断も行えません。日々の売上状況により、メール内容の改善の必要が生じるケースは、何の商材を扱う企業であっても有り得ます。メール配信システムを導入する際には、リアルタイムに配信メールの開封率を確認できる仕組みの構築が必要なのです。

複数メールの横断分析や時系列分析も必要

メールマーケティングを行うにも、自社が抱える顧客が多数に上る場合には、日常的に配信するメールの量も相当な数になっていきます。メール配信サービスを活用する際には、複数メールに亘って分析を行うことができるのかや、時系列に従って比較できる機能が搭載されているかの観点で選ぶことも重要です。開封結果や、自社サイトへの誘導率が分かるのは勿論のこと、様々な側面からの配信分析ができなくては、自社の売上向上に結びつけるための資料としては足らないのです。メール配信結果を元に出力されるレポートの見やすさも含めて、どのような分析機能が内包されている配信ツールなのかを見極めてから、メール配信ツールの導入を進めましょう。